木曽ユネスコ 「中部東ブロック・ユネスコ活動研究大会in 木曽」 講演会のご案内

user-pic
1回投票 0

テーマ:木曽のブランド化 ユネスコエコパーク登録 未来の子供たちのために木曽の自然を残す
日時:2014年10月26日(日)9:00~12:00
会場:木曽福島会館

09:00~ 基調講演 横浜国立大学長 鈴木 邦雄先生
10:45~ 講  演 只見ユネスコ・エコパーク 鈴木 和次郎氏
11:45~ 閉 会 式

お誘い合わせのうえ、ぜひお越し下さい!!

 

ユネスコエコパークとは
 ユネスコエコパーク(BR: Biosphere Reserves)は、自然界の生態系の保護・保全を目的としています。顕著な普遍的価値を有する自然地域の保護・保全を目的とする世界自然遺産と違うのは、保護・保全だけでなく、生態系の持続可能な利活用の調和も目的としており、自然と人間社会の共生に重点が置かれています。
 日本では世界自然遺産ほど有名ではありませんが、1976年に開始してから2014年6月までに、ユネスコエコパークの登録件数は、119か国631件となっています。日本の登録件数は7件です。「志賀高原」、「白山」、「大台ヶ原・大峯山」、「屋久島」、「綾」に加え、今年の6月に「只見」と「南アルプス」の登録が承認され、知名度が上がりつつあります。

木曽地域の特徴
  木曽地域は、江戸時代に尾張藩による留山・停止木(木曽の五木)という保護制度と停止木以外の樹木の利活用をしてきたことによって、天然更新された樹齢200年以上の檜などの樹木が成長しており、ユネスコエコパーク(BR)制度の先駆けを木曽で実践しています。
 木曽谷の樹木は、伊勢神宮、仏閣、家屋などの建築用材、曲げ物、木曽漆器等の生活用材、キハダ等の生薬原料材として使われ、人々の暮らしを支えてきました。
 木曽には赤沢自然休養林、鳥居峠、水木沢天然林、油木美林、木曽御嶽自然休養林、阿寺渓谷、田立の滝など自然の景観を楽しみながら森林浴の散策を楽しめる場所がたくさんあります。

講演会趣旨
 長野県では志賀高原と南アルプスがユネスコエコパークに登録されています。木曽地域はユネスコエコパークの審査基準を満たしていると考えられ、今年の2月から検討委員会を発足し、木曽広域連合、各町村の有識者、信州大学産学官連携本部の先生方と検討をしてきました。
 ユネスコエコパークのことを詳しく知るために、日本のユネスコエコパーク登録の承認機関である、MAB計画分科会の責任者(主査)の横浜国立大学学長 鈴木邦雄先生の基調講演と只見ユネスコエコパーク登録に中心的活動をされた鈴木和次郎氏の講演会を開催いたします。
 「木曽のグローバルなブランド化」と「木曽の自然を未来の子供達に残す」ために、再来年のユネスコエコパーク登録を目指しています。

 

印刷用チラシはこちら>>>ユネスコ_エコパーク講演会チラシ.pdf

 

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。