王滝口第十三番 金剛童子

王滝口第十三番 金剛童子

 大江権現からしばらくいくと右手に「あかっぱげ」と呼ばれる土がむき出しの場所に来る。このあたりからは木で作られた階段でなく、石を組み合わせて作った段差を登っていくことになるので、段差のあるところはかなりきつい。木々で囲まれた道も、両側の木が次第に低木になっていく。八合目に上の写真のように金剛童子が祀られた社殿がある。黒澤口の八合目に金剛童子が祀られているが、それに合わせて祀られたものと思う。

この記事へのコメントや追加情報等お寄せください


画像の中に見える文字を入力してください。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://ontake38.com/mt/mt-tb.cgi/38

..